ベルタ育毛剤の口コミは信じれない!使用を続けてわかった本当の効果

危険!出産後の薄毛を隠すためのウィッグの使用は絶対にやめて!

危険!出産後の薄毛を隠すためのウィッグの使用は絶対にやめて!

 

出産後からの抜け毛が止まらなくなり髪が薄くなっているママさんたちは多数いるでしょう。

 

出産後からの抜け毛は一時的だと思いがちですが、全体の約45パーセントは抜け毛が収まらず薄毛へと発展してしまいます

 

戻ると思って何も対策をせずに気づいたらある日分け目の部分から地肌が見えるほど髪が薄くなってしまっている。。と言う人は「私には無縁だと思っていた」との思いから驚きを隠せないと思います。

 

 

なんとか必死で対策を探してウィッグを購入する人がいますが、それは絶対にやめてください

 

その理由はウィッグでは薄毛対策には全くなっていないこと、自分本来の髪にダメージを与えてしまうこと、そしてウィッグを使うことの依存性です。

 

ではこの三つの理由を見てみてましょう。

 

1、ウィッグ薄毛対策にならない

 

どんどん止まらない抜け毛、進行していく薄毛、これに恐怖したあなたはウィッグを検討しているかと思いますが、ウィッグはただ元にあった髪の上からつけるだけで髪を生やす効果には全く役立ちません。

 

産後の抜け毛が戻らないからウィッグを、、って思っていたのでしたらそれは完全に逃げになってしまいます。

 

戻らないからウィッグではなく戻らないなら髪を生やす対策をしましょう

 

 

2、自分本来の髪にダメージを与えてしまう

 

出産後の後の薄毛になった部分にウィッグをつけるということなので髪には相当のダメージを与えてしまいます。

 

なんたって薄くなった部分を利用してその上からウィッグをつけるのでこれでは更に薄毛が進行してしまいます。

 

髪だけではなく頭皮も傷つけてしまう恐れも出てしまいます。

 

 

3、ウィッグを使うことでの依存性

 

ウィッグは一瞬にしてあなたを変わらせます。

 

簡単に髪に乗せるだけで薄毛がカバーできるのですから。

 

しかしこれが悪く依存性を与えてしまいます。

 

上記で薄毛対策にはならない、自分本来の髪にダメージを与えることで気づいたらどんどん薄毛が悪化していっていきます。

 

そうなるとその薄毛をカバーするために余計にウィッグが手放せなくなってしまいます

 

最初は手軽にカバーしたいだけだったのに、、そんな軽い気持ちが今ではこれがないと外に出られないとまで悪化する恐れも出てきてしまいます。

 

ウィッグは値段も高いですし、家計の負担も与えてしまい、お手入れにも時間をとられます。

 

 

それなのに自分の髪は一向に増えない、、悪循環が生まれてしまうのです

 

では一体どうしたらいいのか?

 

それはウィッグを使うことはやめて育毛剤を使うことです

 

ここ近年では女性の薄毛について注目され、市場には多数の女性用育毛剤が出回るようになりました。

 

男性の育毛剤とは違い刺激物がなく、無添加で女性にも赤ちゃんにも安心して使える育毛剤です。

 

もしあなたが本気で自分自身の髪を取り戻したいのでしたらこの育毛剤はあなたの期待に答えてくれると思います。

 

自分の髪を取り戻すベルタ育毛剤について