ベルタ育毛剤の口コミは信じれない!使用を続けてわかった本当の効果

最近髪が抜けて薄くなってきたと感じる女性の対策あれこれ

最近髪が抜けて薄くなってきたと感じる女性の対策あれこれ

 

「このところ、抜け毛が増えてきた」「地肌が目立つようになってきたかな」…… そのようなとき、強い不安を感じる女性がほとんどではないでしょうか。 

 

医師としてこういった女性の話を聞いて居ていつも不思議に思うのは、そういう様な髪の変化を病的なものと位置付けて、あせってしまう人が多いことです。

 

髪が年齢で変わるのは自然なことですが、それをご存じないためにあせってしまうことになるのです。 あなたがもし、肌は年齢で違っても、髪はあまり大差ないと思っているとしたら、それは大きな勘違いです

 

髪は肌と同じように、 年々様変わりしています。20代、30代、40代と肌が変貌を遂げていくのと同様に、髪も変わっていくはずです。 

 

女性の髪は、よく認知されることですがエストロゲン(卵胞ホルモン)に影響されています。エストロゲンは10代後半から分泌が高まり、20代でヤマを迎え、40代に入ると下がります。

 

それに伴って女性の髪も、中学生くらいからたくさんなり、40代からは痩せこけたり薄くなったりします。よって、35歳以上の人ならば、「これまでより髪が薄くなった」と思った場合でも不可思議なことではありません。

 

 いくらまで髪が薄くなるかは、個人ごとに違います。それは男性と一緒で、遺伝的なものが決め手になります。すなわち両親のいずれかが薄毛だった場合、閉経後に髪が薄くなる確率は高 くなります。 

 

さらに、日頃の生活も影響を及ぼします。

 

喫煙、睡眠不足、食生活の偏り、過度のストレス等も薄毛を早めるのです。 薄毛を確実に防ぐ方法はないと言えますが、まずは生活を適正化することが予防ということになります。

 

早く寝て早く起きるを心がけ、食事では緑黄色野菜やタンパク質をしっかりととり、バランスのとれた運動もとり入れましょう。 

 

頭皮の血の巡りを活発化させるため、マッサージやブラシで軽くたたくことなども習價づけることをおすすめします。 

 

育毛剤では、ミノキシジルという成分を配合したローションが有効です。医薬部外品として発売されていますが、狭心症など心臓や血管の病気をしたことがある人は全く役に立たないので、薬剤師に相 談を行なったうえで購入しましよう。 

 

最近髪が抜けて薄くなってきたと感じる女性の対策あれこれ

 

シャンプー、ヘアカラー、パーマというものは毛根にまでは影響しないので、実は薄毛が生じる原因とはなりません。

 

それらは白分の好みでとり入れても差し支えありません。皮脂やシャンプーのシリコンが毛穴に詰まると髪が抜けるという話がありますが、それは俗説です。

 

毛穴の皮脂を掃除したからといって髪がふさふさになるという事例がないのです。 
なお、髪が減る悪い部分として、甲状腺機能低下症、膠原病、重度の貧血等があります。

 

数力月くらいの間に見るからに(周囲からツッコまれるほど)髪が減ったならば、皮膚科で検査をやってもらいましよう。また脂漏性皮膚炎という頭皮の湿疹づ葫渕)が慢性化する と薄毛になることが考えられます。

 

かゆみやフケを気にしている人は、皮膚科で治療を受けましよう。 髪は常に生まれ変わっているので、毎日100本くらいは抜け落ちています。

 

髪を気にしはじめれば、抜け毛の本数が気に掛かって、抜けた髪を数える人までいらっしゃるようですが、そのようなことはストレスを増進するのでやめましよう。 

 

とにもかくにも、髪が少し減ることを何でもかんでも心配する人が多いワケです。ある意味、シミやシワが増加するよりも、抜け毛のほうが強い不安にむすびついてしまうことに。

 

シミやシワのように肌にむき出してくるものは、対抗する相手が明確だけれど、抜け毛のように乏しくなっていくものには、ど う対処するべきか見当が付かないからかもしれません。

 

呼べど叫べど反応を示さない相手に向き合っているといったような、先が見られない不安にかられるのでしよう。 

 

しかしながら残念ながら、髪はある意味で肌よりもはっきりしていない部分が多く、医学の力も通用しないというのが現実です。

 

よって、遺伝的体質やエストロゲンの減少などで髪が減るのは、ある程度、阻止しようのないこともあるのです。白髪も、急に増えてきたといって大騒ぎする人がおりますが、白髪は薄毛よりもはっきりわかっていないので、以前にも増して手だてが全くないです。 

 

だけれど、肌と違って髪はカムフラージュすることができます。自髪はご希望の色に染めることが可能ですし、薄毛に対しても、今 はウィッグ(かつら)のよいものが多量に出ています。 

 

美意識を持ち続けることは重要ですが、どうしようもないものをいつまで経って悲嘆していても、美人にはなれません。薄毛になってくればウィッグのおしゃれをエンジョイするくらいの、ポジティブ思考でいることが必要不可欠です。

 

ウィッグよりも効果的な女性用育毛剤はこちら