ベルタ育毛剤の口コミは信じれない!使用を続けてわかった本当の効果

精神的なストレスに弱い人は薄毛になりやすい?メンタル強化対策は?

薄毛、ハゲに悩んでも頭を抱えないことです!ハゲの原因のなかに、遺伝的要素、肉体的素囚によるものと一緒に精神的、心理的なのにもかかわらずよる脱毛症の原因として重んじられています。 

 

とても悩みごとを受けたり、職場が移って環境が大きく変化したときなど、単発的にたくさん毛が抜け落ちる体験をしたことのある人がいるかも知れません。 

 

それくらい精神的なストレスと髪との関係は近しいのであります。 このところ、米国の研究報告においては、脱毛患者さんに探りを入れた結果、ある程度の精神的疲労や不眠を訴える者が80パーセントもいたといいます。

 

また、精神的な打撃をうけた後や、ひどい悩み状態がつづいた後などに脱毛症が起こった例は過多になるという報告もあります。

 

 ですので専門医たちも「気分をらくに、心おだやかに」という風に精神科もどきのアドバイスを行うのですが、そう言われて「ハイそうですか」と心が落ちつくくらいでしたら、開始時から精神的なハゲなどにはならないはずです。 

 

このところちょっとだけ抜け毛が出てきた、といって苦悩、悩むことによってさらに脱毛のスピードが早くなるのを念頭に置いても、そうは言っても悩んでしまう。 

 

このような悪循環が精神的な脱毛症の典型になってしまいます。 しかし、そうだからと言って「心の悩みは最終的には、当人しかなおせない」と投げ捨ててしまうのでは救いがありません。 

 

対応策として、1つはストレスの発散場所を作るということがおすすめです。ストレスを解消するには何といっても趣味が何よりもいいです。ですが、どれでもとは限らずマージャンやチェスといった考えるものは可能な限り回避したはうがいい(更にストレスがたまる事が考えられるから)いずれやるなら屋外でのものです。 

 

たとえばゴルフなんかはどうでしょうか。統計で言うと働きざかりの会社員の半分は月1回はゴルフを行っているそうだが、それも機械文明に毒されて白然とふれあうチャンスのなくなった現代人の無意識の知恵である可能性もあります。

 

 なにしろ、人間、本来は自然の中で生きてきた生き物なのです。その自然から外れた生活は生理学上に関してもストレスの原囚になります。

 

 よくゴルフを好む人が、「一日中、ボール一個を追って、ずっとひたすら穴に入れる限りのことに、一口を意味なくすごす。これがいい」というが、何も気にしないということはつまりストレス解消でもあります。 釣り、ハイキングというような野外のレジャーに一日をすごすのもいいでしょう。

 

実行しようと思えば限りがありません。 

 

趣味的なやつでストレスを射出する一方、悩み易いというご自身の性格も変える必要があります。

 

性格を変えるとなると、なにやら難しく思うが、自身に「私はは悩まない!」という暗示をかけてしまうのがいいです。 

 

薄くなった人にむずかしいのは、結局、その精神的な部分であるということです。 自分の抜け毛を考え過ぎるあまり、これまでなかったコンプレックスや羞恥心が度を越えてはたらいて、人と出会うことも、話していることも煩わしくなってしまうことがあります。

 

ひどい場合には人間関係をこばむような状態となるケースもちょくちょくであります。こうなるとうつになってしまう可能性も高いものになってしまいます。 

 

 

メンタル療法は大きな効き目があります 

 

ここに心理面のポイントを重点とした心理療法の治療に大変な効果をあげることになります。 

 

メンタル療法としては、患者白身の自信、度胸を川復させる支持治療、脱毛への執着心や警戒心をなくし、情緒の気を緩める表現療法、外界にマッチする方法をかえさせる洞察療法などがあります。 

 

 

とくに、注意の集中によって全身を弛緩させ、心やからだの状態を白分でうまくコントロールすることによって苦痛や症状、不快感を除外できる様にさせる白律訓練療法、暗示による暗示療法など、とくに内向的性格の人には相当効き目があるとされます。

 

白律訓練法はヨガの行法と似ていますけどが自身さえこれに間違いないという意志をもてば、比較的、いとも容易く技術を磨きをかけることが可能です。 

 

この効果は、本人も気付かない心のトラブルをなおすことにより、意識をしていないうちに血行の邪魔をして頭皮の皮下組織の毛細血管を圧迫し、毛乳頭組織を縮み上がらせている原因までとり除くことになります。