ベルタ育毛剤の口コミは信じれない!使用を続けてわかった本当の効果

髪のことを考えるなら白い食品は控えて茶色い食事を選びましょう

ご飯を食べると、どんな人でもその時だけ血液中のブドウ糖が数多くなり、血糖値が増えます。

 

血液中のブドウ糖をエナジーに替える「糖代謝」を展開しているのが、すい臓から出てくるインスリンというホルモンです。食後に血糖値が上昇しても、インスリンが正しく動いているなら血糖が正しく保持されます。

 

またインスリンは、食欲抑制ホルモンでの作用も果たします。 ですが、過食や高脂肪食を継続したり、急速に血糖値が上昇するような食べる方法をやっていると、すい臓にダメージを与えてインスリンの活動が悪くなってくるのです。

 

また、内臓脂肪が増殖してくると、肥大化した脂肪細胞が悪玉ホルモンを分泌し、糖をパワーとして使う人の細胞の「インスリン感度」も少なくしてしまいます。

 

 その結果、ブドウ糖が上手に使用されなく、血糖値は下がらず、肥満になりやすくなるり日を追うごとにインスリン感度が落ちる、という負のスパイラルが起こり、肥満、高血糖、糖尿病に向かうのです。 

 

インスリン感度を上げて脂肪がつきにくい体に変えるには、まず、喰い過ぎと高脂肪食、早食いを改善すること。運動も採り入れて、内臓脂肪を減らすことが原則です。

 

内臓脂肪は皮下脂肪と比較すると、有酸素運動で少なくしやすいと言えます。 糖質のとり方もチェンジしてみましょう。糖質は体に欠かせない栄養ですから、「糖質を抜く」のはダメ。糖質がジンワリと消化浸透する食品を選択する「スローカロリー」という食事方法が安心できると思います。

 

白いパンや白米、白砂糖など白くおめかしした炭水化物は回避し、食物繊維やミネラルの多い玄米、雑穀米、全粒粉パン、黒砂糖など、索朴な茶色っぽい食材をセレクトしましょう。

 

満腹感が続くので食過ぎにならず、インスリン感受性も上がって、脂肪がつきにくい体に変えていくことができます。